読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬の危険な副作用 ~ひよこ薬剤師からの忠告~

薬局では教えてもらえない薬の副作用について紹介します

タケプロン(ランソプラゾール)の危険な副作用【胃薬】

胃痛や逆流性食道炎によく使われている優秀な薬の1つが 「タケプロン(ランソプラゾール)」胃薬です! みなさんは定期的に胃カメラはやっていますか?最近は技術が進んで、オエっとなりにくいようになってきています。医者の技術によっても大きく変わって…

クレナフィン爪外用液(エフィナコナゾール)の危険な副作用【水虫】

爪の水虫によく使われている優秀な薬の1つが 「クレナフィン爪外用液(エフィナコナゾール)」 どんどん蒸し暑くなってきましたが、暑くなってくると増えてくるのが水虫です。水虫は正式名称では白癬(はくせん)と言います。その白癬(はくせん)菌が足に…

ワイドシリン(アモキシシリン)の危険な副作用【抗生物質】

抗生物質としてよく使われている優秀な薬の1つが 「ワイドシリン(アモキシシリン)」 風邪や、ケガ、溶連菌など様々な場面で使われています! ワイドシリンには10%と20%の粉があります。この%の違いは薬の成分の量が違うということです。見たまんまですが…

ベピオゲル(過酸化ベンゾイル)の危険な副作用【ニキビ】

ニキビの治療によく使われている優秀な薬の1つが 「ベピオゲル(過酸化ベンゾイル)」比較的新しいお薬で、1日1回でよい塗り薬です。 ニキビは思春期頃から大人になってからでも、幅広い方がお悩みかと思います。化粧水、乳液を変えてみたり、22時には寝る…

イグザレルト(リバーロキサバン)の危険な副作用【血液サラサラ】

血液をサラサラにする薬としてよく使われている優秀な薬の1つが 「イグザレルト(リバーロキサバン)」 H29.04.10にこの薬を売っている会社の社員が、患者調査の際に不適切な方法で患者さんのカルテを閲覧していたことが明らかになり問題になりました。個…

ブルフェン(イブプロフェン)の危険な副作用【解熱鎮痛剤】

解熱鎮痛剤として使われている優秀な薬の1つが 「ブルフェン(イブプロフェン)」 みなさんロキソニンって聞いたことありませんか?ブルフェン(イブプロフェン)もロキソニンと似たような分類のお薬です。厳密にはもっと細かく分類できるんですが、普段飲む…

ムコダイン(カルボシステイン)の危険な副作用【痰切り・副鼻腔炎・中耳炎】

風邪の時、痰を出しやすくするためによく使われている優秀な薬の1つが 「ムコダイン(カルボシステイン)」 ムコダイン(カルボシステイン)には錠剤、ドライシロップ、シロップの剤形があります。風邪を引いたときは本当によく出されていますね!小児科で…

中耳炎の種類・治療・検査 耳の病気について【子どもと薬】

子どもと薬シリーズです! 今回は耳の病気、中耳炎について説明します。 中耳炎は子どもになりやすい病気です。 大人はなりにくいです。 理由としては、鼻と耳が繋がっているのはご存知ですか? その繋がっている管に子どもと大人の違いがあるのです! また…

アスベリン(チペピジン)の危険な副作用【せき止め】

セキが出ている時によく使われている優秀な薬の1つが 「アスベリン(チペピジン)」 アスベリン(チペピジン)には錠剤・散剤・ドライシロップ・シロップの剤形があります。 皆さん、せきの時速って知っていますか?せきの速さですが、時速100~200k…

アマリール(グリメピリド)の危険な副作用【糖尿病】

糖尿病の方によく使われている優秀な薬の1つが 「アマリール(グリメピリド)」 アマリール(グリメピリド)は昔から多くの方に使われている血糖値を下げる薬です。

副鼻腔炎(ふくびくうえん)の症状や治療 鼻の病気【子どもと薬】

さあ、子どもと薬シリーズです。 今回は副鼻腔炎(ふくびくうえん)についてです。 副鼻腔炎とはいわゆる蓄膿症(ちくのうしょう)です。

【L8020菌】虫歯菌、歯周病菌を減らす⁈ L8020菌入りヨーグルトを実際に飲んでみた!

こんにちは(^^)/ ひよこ薬剤師です! 今回は、最近話題のL8020菌入りのヨーグルトについて実際に食べてみたので、まとめてみたいと思います。 L8020の読み方は、「エルハチマルニマルきん」です。 まず、虫歯菌、歯周病菌を殺菌、減少させるという、…

ヒルドイド(ヘパリン類似物質・ビーソフテン)の危険な副作用【保湿・血流促進】

保湿剤として使われている優秀な薬の1つが 「ヒルドイド(ヘパリン類似物質)」 ヒルドイド(ヘパリン類似物質)にはソフト軟膏(油性クリーム)、クリーム、ローションのタイプがあります。身体のケアとして、保湿剤や血行をよくするためによく使いますね。

ナウゼリン(ドンペリドン)の危険な副作用【吐き気止め】

胃腸炎などの吐き気や嘔吐によく使われている優秀な薬の1つが 「ナウゼリン(ドンペリドン)」 胃腸炎ってほんと辛いですよね・・・なかでも吐き気、嘔吐は最悪です。 1秒でも早く気持ち悪いのを抑えたいですよね!ナウゼリンには錠剤、坐剤、細粒、ドライ…

軟膏・クリーム・ローションの塗り方や塗る量(まとめ)【保湿剤・ステロイド・その他の塗り薬】

今回は塗り薬の塗り方についてまとめようと思います。 塗り薬と言えば、保湿剤のヒルドイド(ヘパリン類似物質)やステロイドの塗り薬が多いイメージですよね。 ただ、それらの塗り薬は適切な量を塗らなければ、効果が期待できません。

ソラナックス(アルプラゾラム)の危険な副作用【安定剤】

気分が落ち込む方、不安が多い方によく使われている優秀な薬の1つが 「ソラナックス(アルプラゾラム)」 生活上、様々なストレスや不安を抱えることは多いですよね。 それを少しでも和らげられることができれば、生活の質が上がると思います。もちろんその…

パタノール点眼液(オロパタジン点眼液)の危険な副作用【アレルギー・花粉症】

目のかゆみや花粉症によく使われている優秀な薬の1つが 「パタノール点眼液(オロパタジン点眼液)」 そろそろ春の花粉は落ち着いてくる季節ですね。スギは落ち着いてきましたが、4月はヒノキあたりですかね。 このパタノール点眼液の成分はアレロックと同…

坐薬の使い方Q&A・あなたの疑問をまとめて解決!【子どもと薬】

お子さんに1度は使うことになる坐薬、初めて使うときは不安ですよね 「腸を傷つけないか」 「どこまで入れればいいんだろう」 「すぐ出てきちゃう」 …などなど色々ありますよね! まずは「坐薬とは?」 坐薬はおしりから入れる薬です!! え?そんなの知っ…

アレジオン点眼液(エピナスチン点眼液)の危険な副作用【アレルギー、花粉症】

花粉症などの目のかゆみによく使われている優秀な薬の1つが 「アレジオン点眼液(エピナスチン点眼液)」 花粉症は辛いですよね。目が痒いだけで、作業の効率が落ちてしまいます。ショボショボしたりシパシパしたり、表現は患者の数だけある感じです笑

チャンピックス錠(バレニクリン)の危険な副作用【禁煙補助薬】

今回は禁煙補助薬のお薬についてです。たばこは身体に悪いです。生まれてくる子供にも多大な影響があります。 「チャンピックス錠(バレニクリン)」 最近では、喫煙者は肩身の狭い思いをしているのではないでしょうか。どんどん喫煙できるスペースがなくな…

睡眠時のいびき・無呼吸かも?症状や原因、注意点【子どもと薬】

さあ、今回は子どもと薬シリーズ第3弾! いびきや無呼吸についての説明をします。 自分のいびきは全然わからないのに、他人のいびきって気になりますよね笑 たまーに自分のいびきで起きる人も見かけますけど・・・笑

ビオフェルミンR錠・散(耐性乳酸菌)の危険な副作用

今日はエープリルフール!!でも嘘は書きませんよ笑 抗生物質と一緒に整腸剤として使われている優秀な薬の1つが 「ビオフェルミンR錠・散(耐性乳酸菌)」 抗生物質を飲むときに、一緒にこの薬を飲んでいる人は多いです!

扁桃炎(へんとうえん)とは?溶連菌(ようれんきん)とは?症状や病態、注意点【子どもと薬】

子どもと薬シリーズです! 扁桃炎や溶連菌はお子さんがよくかかる病気ですね! 病院で診察を受けるのも大変ですよね。 まず、病院にかかるとき、皆さんは医師に何と伝えますか? 体調も悪いなか、あまりうまく伝えられないかもしれませんよね。 また、のどが…

緑内障(りょくないしょう)の方が使えない薬まとめリスト【禁忌】

緑内障にもいくつか種類があることはご存知ですか? ここでは詳しいことは、書きませんが、大きく分けて ・開放隅角緑内障(かいほうぐうかく緑内障) ・閉塞隅角緑内障(へいそくぐうかく緑内障)≒狭隅角緑内障(きょうぐうかく緑内障) ・正常眼圧緑内障(…

ホクナリンテープ(ツロブテロールテープ)の危険な副作用【気管支拡張薬・せき】

ぜんそくやセキで息苦しいときによく使われている優秀な薬の1つが 「ホクナリンテープ(ツロブテロールテープ)」 さて、今日は咳がでるときのお薬です。今の時期のような、季節の変わり目では風邪を引いたり、喘息がひどくなったり、咳が出ることが多くな…

子どもへの粉薬の飲ませ方まとめ-小児-【子どもと薬】

ちょっと息抜きで、薬の副作用以外について書こうと思います。 今日はお母さんが苦戦する粉薬の飲ませ方についてまとめました! 薬局でよく聞かれる質問です! 「口に入れてもすぐに吐き出しちゃう」 「最近薬の味が分かってきて飲んでくれない」 などなど …

リピトール錠(アトルバスタチン)の危険な副作用【コレステロール】

LDLコレステロールを下げる薬としてよく使われている優秀な薬の1つが 「リピトール錠(アトルバスタチン)」 リピトール(アトルバスタチン)の作用は簡単に書くと、・コレステロールの低下・トリグリセリド(中性脂肪)の低下・動脈硬化への進展抑制な…

メトグルコ錠(メトホルミン)の危険な副作用【糖尿病】

血糖値を下げる薬としてよく使われている優秀な薬の1つが 「メトグルコ錠(メトホルミン)」 糖尿病と診断された方でこの薬を飲んでいる人は多いです! この薬は、インスリンを分泌させることなく、血糖値を下げる薬です。メインの作用としては、肝臓での糖…

オノン(プランルカスト)の危険な副作用【ぜんそく】

気管支喘息(きかんしぜんそく)によく使われている優秀な薬の1つが 「オノン(プランルカスト)」 オノンはカプセルとドライシロップ(粉)の剤形があります。 ジェネリック医薬品のプランルカストには、カプセル以外にも錠剤があります。 気管支ぜんそく…

セフゾン(セフジニル)の危険な副作用【抗生物質】

溶連菌感染症や風邪、歯科治療後、ケガ時によく使われている優秀な薬の1つが 「セフゾン(セフジニル)」 セフェム系の抗生物質です!! セフゾンにはカプセルと細粒があります! 小児が細粒を使うことが多いですね。 溶連菌のお子さんでも7日~10日ほど…

テレミンソフト坐薬(ビサコジル)の危険な副作用【便秘薬】

今回は便秘のお薬です。 「テレミンソフト坐薬(ビサコジル)」 便秘の方は多いと思います! この薬事態は、そこまで多く使われることはない気がします。 小児科でもたまに処方されますね! 今回このお薬を取り上げたのは、成分のビサコジルに焦点を当てよう…

オルメテック錠(オルメサルタン)の危険な副作用【高血圧】

最近は毎日更新できていて調子が良いです! 引き続き頑張っていきます! 血圧を下げる薬としてよく使われている優秀な薬の1つが 「オルメテック錠(オルメサルタン)」 高血圧と診断された方でこの薬を飲んでいる人は多いです! このオルメテック錠なのです…

ビオフェルミン錠(ビフィズス菌)の危険な副作用【整腸剤】

整腸剤として使われている優秀な薬の1つが 「ビオフェルミン錠(ビフィズス菌)」 便秘や下痢、胃腸炎などの方でこの薬を飲んでいる人は多いです! 昔からドラッグストアには整腸剤が売っていますよね。 ご家庭にも置いている方が多いのではないでしょうか?

ノルバスク錠(アムロジピン)の危険な副作用【高血圧】

今日は初心にかえって、高血圧のお薬を紹介します。 他にブログで書いてほしい薬がありましたら、コメントくださいね! 「ノルバスク錠(アムロジピン)」 聞いたことある方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか。 高血圧と診断された方でこの薬を飲…

クラリチン錠(ロラタジン)の危険な副作用【花粉症 など】

花粉症やアレルギー性の鼻炎、皮膚のかゆみによく使われている優秀な薬の1つが 「クラリチン錠(ロラタジン)」 くしゃみ、鼻水止まらないです笑 花粉症、じんましんと診断された方でこの薬を飲んでいる人は多いです! 花粉症はほんと辛いですよね・・・私…

アレジオン錠(エピナスチン)の危険な副作用【花粉症 など】

花粉症やアレルギー性の鼻炎、皮膚のかゆみによく使われている優秀な薬の1つが 「アレジオン錠(エピナスチン)」 アレグラと似たような効果があります。 ですが、価格の違いと飲む回数の違いがあります。 花粉症、じんましんと診断された方でこの薬を飲ん…

タミフル(オセルタミビル)の危険な副作用【インフルエンザ】

お久しぶりです! ブログの更新が滞ってしまってすみませんでした。。。 また、更新を始めようと思います。 今年もよろしくお願いいたします! インフルエンザの患者さんに使われることがある優秀な薬の1つが 「タミフル(オセルタミビル)」 インフルエン…

【2017版】アレグラ錠(フェキソフェナジン)の危険な副作用【花粉症】

2017.4.8更新 花粉症やアレルギー性の鼻炎、皮膚のかゆみによく使われている優秀な薬の1つが 「アレグラ錠(フェキソフェナジン)」 花粉症、じんましんと診断された方でこの薬を飲んでいる人は多いです!本当に多くの方に使われていますね。 よくアレグラ…

アモバン錠(ゾピクロン)の危険な副作用【睡眠薬】

睡眠薬や不安を抑える薬としてよく使われている優秀な薬の1つ 「アモバン錠(ゾピクロン)」 不眠症がある方でこの薬を飲んでいる人は多いです! 睡眠薬は『向精神薬』という分類に属していることが多く、処方日数に制限があります! しかし!!このアモバ…

ボナロン錠(アレンドロン酸)の危険な副作用【骨粗しょう症】

骨粗しょう症の患者によく使われている優秀な薬の1つが 「ボナロン錠(アレンドロン酸ナトリウム)」 骨粗しょう症の方でこの薬を飲んでいる人は多いです! 骨は身体を支える大切なものですね。 私も薬局で患者さんによく説明しています!

PL配合顆粒(サリチルアミド、アセトアミノフェン、無水カフェイン、プロメタジン配合剤)の危険な副作用【総合感冒薬】

総合感冒薬(総合かぜ薬)としてよく使われている優秀な薬の1つが 「PL配合顆粒」 鼻水、鼻づまり、発熱、頭痛などの風邪でこの薬を飲んだことのある人は多いです! 味はそんなに美味しくはないですね笑

デパス錠(エチゾラム)の危険な副作用【安定剤】

睡眠薬や不安を抑える薬としてよく使われている優秀な薬の1つが 「デパス錠(エチゾラム)」 不眠症や不安がある方でこの薬を飲んでいる人は多いです!睡眠薬は『向精神薬』という分類に属していることが多く、処方日数に制限があります! しかし!!このデ…

ユリノーム錠(ベンズブロマロン)の危険な副作用【痛風】

今回は痛風などでよく処方されるお薬を紹介します。 尿酸値を下げる薬としてよく使われている優秀な薬の1つが 「ユリノーム錠(ベンズブロマロン)」 痛風、高尿酸血症の方でこの薬を飲んでいる人は多いです! 私も薬局で患者さんによく説明しています!

グラクティブ錠(シタグリプチン)の危険な副作用【糖尿病】

血糖値を下げる薬としてよく使われている優秀な薬の1つが 「グラクティブ錠(シタグリプチン)」 糖尿病と診断された方でこの薬を飲んでいる人は多いです! 現在、保険診療に用いられる医療用医薬品の品目数は約1万6千品目あります!!(多すぎて覚えるのも…

ハーボニー配合錠(レジパスビル/ソホスブビル配合錠)の危険な副作用【肝炎】

C型肝炎の薬「ハーボニー配合錠(レジパスビル/ソホスブビル配合錠)」には、こんな副作用の可能性が、、、

お問い合わせ

読み込んでいます...

プライバシーポリシー

【当サイトに掲載されている広告について】当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、楽天アフィリエイト、nend)を利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当…

アンテベート軟膏・クリーム・ローション(ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル)の危険な副作用【ステロイド】

投稿がおそくてごめんなさい。 今日もお薬の1つをご紹介します!! 湿疹・アトピー・虫刺されなどでよく使われている優秀な薬の1つ 「アンテベート(ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル)」

カロナール錠(アセトアミノフェン)の危険な副作用【解熱鎮痛剤】

頭痛や体の痛みなどの痛み止め、解熱剤としてよく使われている薬の1つが 「カロナール錠(アセトアミノフェン)」 カロナールは子どもや赤ちゃんにも使える薬で大変重宝されています! そのため、妊婦さんにも使われることがあります! そういう面では比較…

ワーファリン錠(ワルファリンカリウム)の危険な副作用【血液サラサラ】

こんにちは。 更新がおそくなってしまい、申し訳ありません!! さて、今日も薬をご紹介します。 血液をサラサラにする薬としてよく使われている薬の1つです。 「ワーファリン錠(ワルファリンカリウム)」 聞いたことがある方は少ないのかな?と思いますが…

スポンサーリンク