薬の危険な副作用 ~ひよこ薬剤師からの忠告~

薬局では教えてもらえない薬の副作用について紹介します

アトピー

ヒルドイド(ヘパリン類似物質・ビーソフテン)の危険な副作用【保湿・血流促進】

保湿剤として使われている優秀な薬の1つが 「ヒルドイド(ヘパリン類似物質)」 ヒルドイド(ヘパリン類似物質)にはソフト軟膏(油性クリーム)、クリーム、ローションのタイプがあります。身体のケアとして、保湿剤や血行をよくするためによく使いますね。

軟膏・クリーム・ローションの塗り方や塗る量(まとめ)【保湿剤・ステロイド・その他の塗り薬】

今回は塗り薬の塗り方についてまとめようと思います。 塗り薬と言えば、保湿剤のヒルドイド(ヘパリン類似物質)やステロイドの塗り薬が多いイメージですよね。 ただ、それらの塗り薬は適切な量を塗らなければ、効果が期待できません。

クラリチン錠(ロラタジン)の危険な副作用【花粉症 など】

花粉症やアレルギー性の鼻炎、皮膚のかゆみによく使われている優秀な薬の1つが 「クラリチン錠(ロラタジン)」 くしゃみ、鼻水止まらないです笑花粉症、じんましんと診断された方でこの薬を飲んでいる人は多いです!花粉症はほんと辛いですよね・・・私も…

アレジオン錠(エピナスチン)の危険な副作用【花粉症 など】

花粉症やアレルギー性の鼻炎、皮膚のかゆみによく使われている優秀な薬の1つが 「アレジオン錠(エピナスチン)」 アレグラと似たような効果があります。ですが、価格の違いと飲む回数の違いがあります。花粉症、じんましんと診断された方でこの薬を飲んで…

【2017版】アレグラ錠(フェキソフェナジン)の危険な副作用【花粉症】

2017.4.8更新 花粉症やアレルギー性の鼻炎、皮膚のかゆみによく使われている優秀な薬の1つが 「アレグラ錠(フェキソフェナジン)」 花粉症、じんましんと診断された方でこの薬を飲んでいる人は多いです!本当に多くの方に使われていますね。 よくアレグラ…

アンテベート(ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル)の危険な副作用【ステロイド】

湿疹・アトピー・虫刺されなどでよく使われている優秀な薬の1つ 「アンテベート(ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル)」 ステロイドの塗り薬です。ステロイドと聞くと、あまり使いたくないという方もいますね。適切な量で、適切な期間で使用す…

スポンサーリンク