薬の危険な副作用 ~ひよこ薬剤師からの忠告~

薬局では教えてもらえない薬の副作用について紹介します

アレルギー

シングレア(モンテルカスト)の危険な副作用【ぜんそく・鼻炎】

ぜんそくの方によく使われている優秀な薬の1つが 「シングレア(モンテルカスト)」 シングレアには錠剤、チュアブル錠、細粒の形があります。 これは、年齢によって使うものが異なります。 また、薬の形によって、効能が少しだけ異なります。

パタノール点眼液(オロパタジン点眼液)の危険な副作用【アレルギー・花粉症】

目のかゆみや花粉症によく使われている優秀な薬の1つが 「パタノール点眼液(オロパタジン点眼液)」 そろそろ春の花粉は落ち着いてくる季節ですね。スギは落ち着いてきましたが、4月はヒノキあたりですかね。 このパタノール点眼液の成分はアレロックと同…

アレジオン点眼液(エピナスチン点眼液)の危険な副作用【アレルギー、花粉症】

花粉症などの目のかゆみによく使われている優秀な薬の1つが 「アレジオン点眼液(エピナスチン点眼液)」 花粉症は辛いですよね。目が痒いだけで、作業の効率が落ちてしまいます。ショボショボしたりシパシパしたり、表現は患者の数だけある感じです笑

オノン(プランルカスト)の危険な副作用【ぜんそく】

気管支喘息(きかんしぜんそく)によく使われている優秀な薬の1つが 「オノン(プランルカスト)」 オノンはカプセルとドライシロップ(粉)の剤形があります。ジェネリック医薬品のプランルカストには、カプセル以外にも錠剤があります。 気管支ぜんそくや…

クラリチン錠(ロラタジン)の危険な副作用【花粉症 など】

花粉症やアレルギー性の鼻炎、皮膚のかゆみによく使われている優秀な薬の1つが 「クラリチン錠(ロラタジン)」 くしゃみ、鼻水止まらないです笑花粉症、じんましんと診断された方でこの薬を飲んでいる人は多いです!花粉症はほんと辛いですよね・・・私も…

アレジオン錠(エピナスチン)の危険な副作用【花粉症 など】

花粉症やアレルギー性の鼻炎、皮膚のかゆみによく使われている優秀な薬の1つが 「アレジオン錠(エピナスチン)」 アレグラと似たような効果があります。ですが、価格の違いと飲む回数の違いがあります。花粉症、じんましんと診断された方でこの薬を飲んで…

【2017版】アレグラ錠(フェキソフェナジン)の危険な副作用【花粉症】

2017.4.8更新 花粉症やアレルギー性の鼻炎、皮膚のかゆみによく使われている優秀な薬の1つが 「アレグラ錠(フェキソフェナジン)」 花粉症、じんましんと診断された方でこの薬を飲んでいる人は多いです!本当に多くの方に使われていますね。 よくアレグラ…

スポンサーリンク