読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬の危険な副作用 ~ひよこ薬剤師からの忠告~

薬局では教えてもらえない薬の副作用について紹介します

ブルフェン(イブプロフェン)の危険な副作用【解熱鎮痛剤】

解熱鎮痛剤として使われている優秀な薬の1つが 「ブルフェン(イブプロフェン)」 みなさんロキソニンって聞いたことありませんか?ブルフェン(イブプロフェン)もロキソニンと似たような分類のお薬です。厳密にはもっと細かく分類できるんですが、普段飲む…

ムコダイン(カルボシステイン)の危険な副作用【痰切り・副鼻腔炎・中耳炎】

風邪の時、痰を出しやすくするためによく使われている優秀な薬の1つが 「ムコダイン(カルボシステイン)」 ムコダイン(カルボシステイン)には錠剤、ドライシロップ、シロップの剤形があります。風邪を引いたときは本当によく出されていますね!小児科で…

セフゾン(セフジニル)の危険な副作用【抗生物質】

溶連菌感染症や風邪、歯科治療後、ケガ時によく使われている優秀な薬の1つが 「セフゾン(セフジニル)」 セフェム系の抗生物質です!!セフゾンにはカプセルと細粒があります!小児が細粒を使うことが多いですね。 溶連菌のお子さんでも7日~10日ほど飲…

PL配合顆粒(サリチルアミド、アセトアミノフェン、無水カフェイン、プロメタジン配合剤)の危険な副作用【総合感冒薬】

総合感冒薬(総合かぜ薬)としてよく使われている優秀な薬の1つが 「PL配合顆粒」 鼻水、鼻づまり、発熱、頭痛などの風邪でこの薬を飲んだことのある人は多いです!味はそんなに美味しくはないですね笑

カロナール錠(アセトアミノフェン)の危険な副作用【解熱鎮痛剤】

頭痛や体の痛みなどの痛み止め、解熱剤としてよく使われている薬の1つが 「カロナール錠(アセトアミノフェン)」 カロナールは子どもや赤ちゃんにも使える薬で大変重宝されています!そのため、妊婦さんにも使われることがあります! そういう面では比較的…

ロキソニン錠(ロキソプロフェンナトリウム)の危険な副作用【解熱鎮痛剤】

頭痛や体の痛みなどの痛み止め、解熱剤としてよく使われている優秀な薬 「ロキソニン錠(ロキソプロフェンナトリウム錠)」 現在、保険診療に用いられる医療用医薬品の品目数は約1万6千品目あります!!(多すぎて覚えるのも大変です・・・笑)

スポンサーリンク