読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬の危険な副作用 ~ひよこ薬剤師からの忠告~

薬局では教えてもらえない薬の副作用について紹介します

ロキソニン錠(ロキソプロフェンナトリウム)の危険な副作用【解熱鎮痛剤】

記念すべき最初にご紹介する薬は

頭痛や体の痛みなどの痛み止め、解熱剤としてよく使われている優秀な薬

「ロキソニン錠(ロキソプロフェンナトリウム錠)」

 

現在、保険診療に用いられる医療用医薬品の品目数は16千品目あります!!(多すぎて覚えるのも大変です・・・笑)

 

 みんなもご存知ロキソニン

ロキソニンはその中でも、

2015年度医療用医薬品国内売上高ランキングでは、

なんと!21位に入っています!!

 

数多くの薬がある中で21位は本当にすごいことです!

私も薬局で患者さんによく説明しています!

最近ではCMでもよく聞きますよね♪

毎日飲んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

しかし!!・・・優秀なロキソニンにも危険な副作用があるのです! 

 

薬に頼りすぎている方は必見です!!

この子は闇を抱えているんです!!

 

この3つの副作用が怖い!!

重大な副作用はもっと多くありますが、その中でも危険な副作用を取り上げます!

副作用のレベルとしてはMAXと言ったところでしょうか!

もっと詳しく知りたい方のために頻度別に分けた副作用を最後にまとめておきますね!

 

副作用まとめ 

消化管穿孔(しょうかかんせんこう) 頻度不明

何と!昔から使われている薬ですが、2016年3月に新たに改訂された情報です!

簡単に言うと消化管に穴があくということです!!

穴があいたら、そりゃあ痛い!

 

症状としては、みぞおち辺りの痛みや、腹痛等が現れます!

その場合には直ちに中止し、適切な処置を行うこととされていますので注意を!

これと似たような消化管出血もあります!

 

小腸・大腸の狭窄(きょうさく)・閉塞(へいそく) 頻度不明

何と!何と!この副作用も2016年3月に新たに改訂された情報です!

食べ物や栄養素が通過し、吸収する小腸や大腸

生きていく上でとっても大事な役割をしています

いつも感謝してるよダイチョウショウチョウ♪

 

その小腸・大腸が狭くなったり、塞がることで内容物が通れなくなってしまうことです!

症状としては、急激な腹痛や吐き気、嘔吐などが現れます!               

 

食べ物や水分が通れなくなれば、どんどん詰まっていきます

水風船みたいな感じだと思えば想像しやすいですね

ただ、それを放っておくと、風船がどんどん膨らんでいき、

最後はパンッッ…と破裂

痛いどころではないですよね

 

その場合には直ちに中止し、適切な処置を行うこととされていますので注意を!

破裂して痛み止めにロキソニン錠飲んだら、、、、アウトですね笑

 

急性腎不全(きゅうせいじんふぜん) 頻度不明

簡単に言うと、腎臓の機能が低下することをいいます。

 

「そもそも腎臓っていつもなにしてるの?」

 

腎臓の大きな役割は、いらなくなった老廃物やナトリウム、塩素、カリウムなどの体内で使われる成分のいらない分を尿として排泄することです

 

「え?腎臓えらいじゃん。腎臓が機能しなくなったら、、、」

 

急性腎不全が重症化すると、人工透析になることもあります

症状としては、尿量が少なくなる、発疹、むくみ、体がだるい等が現れます!

その場合には直ちに中止し、適切な処置を行うこととされていますので注意を!

  

このように便利な薬でも危険な副作用があります!

副作用が出た時は、対処スピードが重要です!

知っているか知らないかで天と地の差、運命が分かれることもあります!

 

この記事を読んでくださった皆さんは知識が増えただけでなく、自分自身を守る方法も増えましたね!

 

普段の健康はまず食事から!

薬にばかり頼らず、

健康食品やサプリメントも組み合わせて健康寿命を延ばしましょうね!!

そして、少しでも薬を飲む量を減らしましょう!

健康食品やサプリメントは副作用のリスクは低いですから安心です!!

  

「副作用は常に隣り合わせ!」を忘れずに!!

薬を飲むか飲まないかはあなた次第・・・

  

【副作用と頻度】

『0.1%~1%未満』

発疹、腹痛、胃部不快感、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、眠気、AST上昇、ALT上昇、浮腫

『0.05%~0.1%未満』

掻痒感、消化性潰瘍、便秘、胸やけ、口内炎

『0.05%未満』

じんましん、消化不良、動悸、頭痛、貧血、白血球減少、好酸球増多、ALP上昇、顔面熱感

『頻度不明』

ショック、アナフィラキシー様症状、無顆粒球症、溶血性貧血、白血球減少、血小板減少、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性腎不全、ネフローゼ症候群、間質性腎炎、うっ血性心不全、間質性肺炎、消化管出血、消化管穿孔、小腸・大腸の狭窄・閉塞、肝機能障害、黄疸、喘息発作、無菌性髄膜炎、横紋筋融解症

発熱、口渇、腹部膨満、小腸・大腸の潰瘍、血圧上昇、しびれ、めまい、血小板減少、血尿、蛋白尿、排尿困難、胸痛、倦怠感

参考

PMDA(H28.8.27現在)

添付文書(H28.8.27現在)

スポンサーリンク