読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬の危険な副作用 ~ひよこ薬剤師からの忠告~

薬局では教えてもらえない薬の副作用について紹介します

モーラステープ(ケトプロフェンテープ)の危険な副作用【痛み止め】

痛み止めの貼り薬としてよく使われている優秀な薬の1つが

「モーラステープ(ケトプロフェンテープ)」

 腰・膝・肩・腕・足などなど体の痛みなど体の痛みで貼っている人は多いのではないでしょうか?

痛み止めの貼り薬

毎回恒例となってきました2015年度医療用医薬品国内売上高ランキングでは、
なんと!11位に入っています!! 
毎日使っている人も多いのではないでしょうか?

最近では国の方針が変わり、1回の診療で貼り薬が70枚までしか処方できなくなってしまいました!
たくさん使っている人は困りますね・・・ 

しかし!!・・・よく使われているモーラステープにも危険な副作用があるのです!
良く使う薬だからこそ、危険な副作用を知ってもらいたい!いや、知っておくべきです!!
薬に頼りすぎている方は必見です!!

この3つの副作用が怖い!!
重大な副作用はもっと多くありますが、その中でも危険な副作用を取り上げます!
副作用のレベルとしては使用頻度が高いこともあるので、ひくくはないかと思います。
もっと詳しく知りたい方のために頻度別に分けた副作用を最後にまとめておきますね! 

副作用まとめ

接触皮膚炎(せっしょくひふえん) 頻度5%未満

 よく金属が皮膚に触れると赤くかぶれる人がいますよね!
それも接触性皮膚炎の一部で金属アレルギーの人に起こります! 
貼り薬も皮膚に貼るので、皮膚炎がおきることがあります!
症状としては、ヒリヒリする、赤くなる、かゆくなる、じんましん等が現れます! 

モーラステープは特殊で、直射日光に当てると真っ赤にかぶれることがあるのです!
しかも!貼っている間だけでなく、はがした後4週間以内もおこります!!
1か月は皮膚の中に薬が残っているんですね!
症状が出たら気になって、生活にも支障を起こすこともあるでしょう!要注意! 

②喘息発作の誘発(ぜんそくほっさのゆうはつ)頻度不明0.1%未満

 喘息の患者さんの中には痛み止めの成分で喘息発作が出ることがあるのです!
別名「アスピリン喘息」とも言います! 
「自分はぜんそくではないから大丈夫!」と思っているあなた!!
安心はできません!

たまに家族がもらってきた風邪薬やシップなど、余ったからって他の家族にあげていませんか?(これは法的に言うと、やっちゃいけないことなんですよ笑)
場合によっては友達にあげてることも・・・(再度!あげちゃダメですよ!)
その人が喘息かどうかなんていちいち確認しませんよね!

もし、その薬のせいで発作が出てしまったら・・・
最悪の場合、呼吸ができなくなることもあります。
貼り薬だからって安易に考えないで!命に関わる副作用は要注意です!

妊娠後期の女性(にんしんこうきのじょせい)禁忌(絶対に使っちゃダメ!)

これは副作用ではないのですが、
じつは貼り薬でも妊婦に使えない薬があるのです!
知らない人も多いと思いますが・・・
貼り薬と言っても、皮膚から薬は吸収されてしまうんです! 

では、妊娠中期~後期の女性に使うとどうなるか・・・
一つ目は
胎児動脈管収縮(たいじどうみゃくかんしゅうしゅく)が起きることがあります!
簡単に考えると、胎児の血管や心臓に障害がおきて、うまく血液が回らないことです!出生後、色々な症状をおこします!

二つ目は
妊娠中期の女性に使用し、羊水過少症が起きたとの報告があります!
赤ちゃんはお母さんのおなかの中で羊水に包まれています。
赤ちゃんを守る大切なものなのです。
この羊水が減ってしまえば、胎児に悪い影響があることは想像できますよね! 
妊婦さんも使えない貼り薬があるのを覚えておいてください!
 

このように便利な薬でも危険な副作用があります!
副作用が出た時は、対処スピードが重要です!
知っているか知らないかで天と地の差、運命が分かれることもあります! 

この記事を読んでくださった皆さんは知識が増えただけでなく、自分自信を守る方法も増えましたね! 

普段の健康はまず食事から!
薬にばかり頼らず、
健康食品やサプリメントも組み合わせて健康寿命を延ばしましょうね!!
そして、少しでも薬を使う量を減らしましょう!
健康食品やサプリメントは副作用のリスクは低いですから安心です!! 

「副作用は常に隣り合わせ!」を忘れずに!!
薬を使うか使わないかはあなた次第・・・

 【副作用と頻度】

『0.1%~5%未満』
接触皮膚炎、局所の発疹、発赤、腫脹、瘙痒感、刺激感、水疱・ びらん、色素沈着等

『0.1%未満』
アナフィラキシー、喘息発作の誘発(アスピリン喘息)、皮下出血 

『頻度不明』
ショック、光線過敏症、皮膚剥脱、蕁麻疹、眼瞼浮腫、顔面浮腫

参考
PMDA(H28.9.3現在)
添付文書(H28.9.3現在)

スポンサーリンク