読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬の危険な副作用 ~ひよこ薬剤師からの忠告~

薬局では教えてもらえない薬の副作用について紹介します

子どもへの粉薬の飲ませ方まとめ-小児-【子どもと薬】

ちょっと息抜きで、薬の副作用以外について書こうと思います。

 

今日はお母さんが苦戦する粉薬の飲ませ方についてまとめました!

薬局でよく聞かれる質問です!

 

「口に入れてもすぐに吐き出しちゃう」

「最近薬の味が分かってきて飲んでくれない」

などなど

本当にお母さんは大変そうです・・・

 

 粉薬の味

まず、

粉薬って、色々な味があるんですよね。

もちろん苦い薬もあります笑

苦い粉薬は抗生物質に多いですね!

 

特に苦いのが、クラリス(クラリスロマイシン)という抗生物質です笑

酸味のあるものと混ぜて、口の中にしばらく置いておくと、苦みが口の中にしばらく残り気持ち悪くなりますよ笑

 

雑談ですが、

お母さんの中にも

「無理やり飲ませるので大丈夫です!」

とうい頼もしい方や

 

「うちの子、錠剤が飲めないので粉にしてください」

という子どもの要望最大限の方など笑

様々な家庭があるなーと思います。

 

さて、ここからが本題!!

粉薬の飲ませ方の一工夫をまとめていきます!!

 

粉薬の簡単な飲ませ方まとめ

『団子状にする』

これは、特に水に溶けにくい薬に使いやすいですね!

対象年齢としては、どうしても薬を飲んでくれない赤ちゃんに有効です!

やり方は、

  • 粉薬を小さいお皿に移す
  • 粉薬に数滴の水をたらす

(水を入れすぎるとドロドロになり団子状にならないので注意!)

  • 団子状にした薬を頬っぺの内側や上あごに塗り付ける
  • そのあとに飲み物をあげる

 

そうすると、勝手に薬が溶けてお腹の中に流れてくれますよ!

 

『食品に混ぜる』

これは、よく試している人も多いのではないでしょうか?

この方法も特に問題はありません!

その中でもよく使われる食材をご紹介します!

 

チョコレート

ココア

バニラアイス

はちみつ(1歳未満の子どもには絶対に与えないでください!!)

 

これらの食材は薬の味を隠してくれるので、飲みやすいことが多いですよ!

 

※はちみつは1歳未満の子どもは食べられない!!

ボツリヌス症という症状を起こすことがあります!

はちみつに含まれていることがある、ボツリヌス菌が腸で増殖して発症してしまいます!

 

また、避けた方が良い食材も紹介しておきますね!

・スポーツドリンク

・100%果物ジュース

 

等の酸味があるものに混ぜると味が悪くなることが多いです!

熱が出ているときの水分補給でスポーツドリンクを飲むことも多いですが、薬嫌いの子には薬と一緒には避けた方が良いかもしれませんね!

 

『ほめる、持ち上げる』

精神論?と思いますよね笑

でもこれ結構大事なことなのです!

特に、少し大きくなってきた子や、兄弟がいるときの上の子に効果が大きいです!

 

子どもは親に褒められることで、かなり幸せを感じます!

健気ですよね笑

怒られないために飲むよりも、褒められるために飲む方が前向きですよね!

 

また、兄弟がいて、下の子がまだ小さいとき、親は下の子に付きっ切りだったりして、中々上の子に構ってあげられないことも多くないですか?

それだと、上の子はすねちゃいますよね!

 

そんな時に、薬を飲めたら少し大げさに褒めてあげてください!

そして少し大人扱いしてあげれば、自信にも繋がりますよ!

 

大人でも、怒られるよりも褒められる方が気分がいいですものね笑

言葉が何よりの魔法かもしれませんね!

 

今日のまとめはここまでです!

世の中のお母さん・お父さんに少しでも読んでもらって、

少しでも力になることが私の喜びです!

 

他にも質問や疑問があればコメントください。

一生懸命に答えます。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

ひよこ薬剤師でした!

スポンサーリンク