読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬の危険な副作用 ~ひよこ薬剤師からの忠告~

薬局では教えてもらえない薬の副作用について紹介します

アレジオン点眼液(エピナスチン点眼液)の危険な副作用【アレルギー、花粉症】

花粉症などの目のかゆみによく使われている優秀な薬の1つが

「アレジオン点眼液(エピナスチン点眼液)」

花粉症は辛いですよね。
目が痒いだけで、作業の効率が落ちてしまいます。
ショボショボしたりシパシパしたり、表現は患者の数だけある感じです笑

 アレジオン点眼液と他の点眼液の違い!

そこで、他の点眼液とこのアレジオン点眼液違いを説明します。
多くの点眼液はソフトコンタクトレンズを外して点眼するように書かれているものが多いのです。
ハードコンタクトレンズは基本的に外さなくてOKです! 

しかし、このアレジオン点眼液ソフトコンタクトレンズをしたまま点眼できるお薬です!
医師によっては、他の点眼でもコンタクトレンズをしたまま使ってもよいと言う人もいます。 

ただ、2weekやマンスリータイプであれば外すように説明することが多いですね。
ワンデーならその日で捨ててしまうので、外さなくてよいと言われることが多いです。 

保存剤が違う

では、何故このアレジオン点眼液はコンタクトレンズをしたまま使えるのでしょうか?
それは、点眼液の中に入っている保存剤の影響なのです! 

保存剤は細菌から点眼液を長く守る役割をしています。
他の点眼液だと、ベンザルコニウムという保存剤が入っています。
このベンザルコニウムがコンタクトレンズを劣化させたり、変形させたりするのです。

 ただ、アレジオン点眼液はこのベンザルコニウムが入っていません
では、何が入っているのでしょうか?

保存剤としては、リン酸二水素ナトリウム、リン酸水素ナトリウム水和物、ホウ酸というものが入っています。
これはコンタクトレンズにあまり影響がないようです。

そのため、花粉症の方で、点眼液を使うならこのアレジオン点眼液をオススメします。
病院で先生に相談してみてください。 

よく使う薬だからこそ、危険な副作用を知ってもらいたい!いや、知っておくべきです!! 
【※副作用は必ず起きるものではございません】
【※自分の判断で服用を中止せず、必ず医師とご相談ください】 

本題に入ります!
優秀な薬ではありますが、この薬にも危険な副作用があるのです!
薬を使っている方は必見です!! 

この副作用が怖い!!
重大な副作用はもっと多くありますが、その中でも危険な副作用を取り上げます!
と、言いたいところですが、目薬なこともあり副作用は限られています。
そのため、頻度が多めのものを書いていきます

 副作用まとめ

1.刺激感(しげきかん) 0.1~5%未満

よく、プールや水道水を目や鼻に入れると痛いですよね。
あれはPH(ペーハー)が関係しているんですよ!
うまくPHを合わせれば痛くないんですよ笑 

刺激感とは色々なものがあるとは思いますが、薬なので少しは仕方がない部分もあるかもしれません。
あまりにもひどいときは、医師に相談しましょう。 

2.羞明(しゅうめい) 0.1~5%未満

簡単言うと、まぶしいということです。
原因は分かりませんが、強めの光をみるとかなりのまぶしさを感じます。
場合によっては、頭痛や眼痛を感じることもあるようです。 

3.異物感(いぶつかん) 0.1~5%未満

これはそのままの通りですね。
ゴミが入ったり、たまに異物感はあったりしますよね。
眼に液体入れているので、異物感は出ることもあるかもしれませんね。 

 

今回の薬は副作用が少ないですが、
多くの方が使っている薬でも危険な副作用があります!
副作用が出た時は、対処スピードが重要です!
知っているか知らないかで天と地の差、運命が分かれることもあります! 

この記事を読んでくださった皆さんは知識が増えただけでなく、自分自信を守る方法も増えましたね! 

普段の健康はまず食事から!
薬にばかり頼らず、
健康食品やサプリメントも組み合わせて健康寿命を延ばしましょうね!!
そして、少しでも薬を飲む量を減らしましょう!
健康食品やサプリメントは副作用のリスクは低いですから安心です!! 

「副作用は常に隣り合わせ!」を忘れずに!!
薬を使うか使わないかはあなた次第・・・ 

【副作用と頻度】

www.hiyokotenshoku.com

【副作用と頻度】
『0.1%~5%未満』
刺激感、異物感、羞明 

『頻度不明』
眼瞼炎、眼痛、流涙、点 状角膜炎

参考
PMDA(H29.4.1現在)
添付文書(H29.4.1現在)

スポンサーリンク