読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬の危険な副作用 ~ひよこ薬剤師からの忠告~

薬局では教えてもらえない薬の副作用について紹介します

ソラナックス(アルプラゾラム)の危険な副作用【安定剤】

気分が落ち込む方、不安が多い方によく使われている優秀な薬の1つが

ソラナックス(アルプラゾラム)

生活上、様々なストレスや不安を抱えることは多いですよね。

それを少しでも和らげられることができれば、生活の質が上がると思います。
もちろんその原因を解決することができるに越したことはないのですが、なかなか難しい問題もあるのが現実です。 

不安を和らげるソラナックス

新情報追加

実は、このソラナックス以外の睡眠薬や、安定剤で重要な注意が新しく追加になりました。
2017年3月に追加された内容が、

“連用により薬物依存を生じることがあるので、漫然とした継続投与による長期使用を避けること。本剤の投与を継続する場合には、治療上の必要性を十分に検討すること。”

とされました。

つまり、長く飲んでいると、依存が出るかもしれないから、症状が良くなってきたら少しずつ減らして、最終的には飲まない方向にもっていきましょう!
ということです。 

もちろん、すぐにやめろ、ということではないので先生と相談しながら決めていきましょう。
逆に、突然やめることで、副作用が起こりやすくなることもあります。
それについても下記の副作用のところで触れていますので、ご参考に! 

だからこそ、危険な副作用を知ってもらいたい!いや、知っておくべきです!!
【※副作用は必ず起きるものではございません】
【※自分の判断で服用を中止せず、必ず医師とご相談ください】 

副作用まとめ
さて、本題に入ります!
優秀な薬ではありますが、この薬にも危険な副作用があるのです!
薬を飲んでいる方は必見です!! 

この副作用が怖い!!
重大な副作用はもっと多くありますが、その中でも危険な副作用を取り上げます!
副作用のレベルとしてはMAXと言ったところでしょうか!
もっと詳しく知りたい方のために、頻度別に分けた副作用を最後にまとめておきますね!

危険な副作用

1.依存性(いぞんせい)、離脱症状(りだつしょうじょう) 頻度不明

上記でも書きましたが、2017年3月に睡眠薬や安定剤で重要な注意として、連用による依存についての記載が追加になりました。

依存と言ったら、薬物を思い浮かべますよね!
最近では芸能人やスポーツ選手などが捕まっていますよね! 

それと似たような症状ですが、禁断症状がでるというよりも、薬がないと不安になってしまうことです!
自分自身も、脳も、薬がないと不安になってしまう感じですね! 

離脱症状は薬をやめる時にでる症状です!
薬を急にやめた反動で、けいれんや身体の震え、不眠、不安、幻覚、妄想などが出ることがあります。
強い不安感やイライラがたまっていき、生活や仕事にも影響が出てしまいます。

そのため、減量や中止をする際は少しずつ、量を減らしていくのが安全です!
安定剤でも依存が出ることがあることを忘れずに!! 

2.刺激興奮(しげきこうふん)、錯乱(さくらん) 頻度不明

刺激興奮とは、頭が興奮して、暴れたり、落ち着きが無くなったりします。
安定剤で落ち着ける薬なのに、全く逆の副作用がありますね。

錯乱とは、頭が混乱してしまうことです。
それによって、判断能力が低下することもあります。 

3.呼吸抑制(こきゅうよくせい) 頻度不明

言葉の通り、呼吸が抑制されて弱くなることです!
さらに、呼吸機能が高度に低下している場合、炭酸ガスナルコーシスという症状を起こすことがあります!

簡単に言うと、呼吸が弱くなり、血中の二酸化炭素の量が増えて、酸素が少なくなる状態です! 

症状としては意識障害などの中枢神経症状が現れます。
ひどい場合、昏睡状態になることもあるので恐ろしいです・・・
このような場合には気道を確保し, 換気をはかるなど適切な処置を行うこととされています! 

 

多くの方が飲んでいる薬でも危険な副作用があります!
副作用が出た時は、対処スピードが重要です!
知っているか知らないかで天と地の差、運命が分かれることもあります! 

この記事を読んでくださった皆さんは知識が増えただけでなく、自分自信を守る方法も増えましたね! 

普段の健康はまず食事から!
薬にばかり頼らず、
健康食品やサプリメントも組み合わせて健康寿命を延ばしましょうね!!
そして、少しでも薬を飲む量を減らしましょう!
健康食品やサプリメントは副作用のリスクは低いですから安心です!! 

「副作用は常に隣り合わせ!」を忘れずに!!
薬を使うか使わないかはあなた次第・・・ 

【副作用と頻度】

『0.1%~5%未満』
眠気、めまい・ふらつ き、頭痛、AST(GOT)、ALT (GPT)の上昇、口渇、悪心・嘔吐、便秘、腹痛・腹部不快感、食欲不振、脱力感・倦怠感 

『0.1%未満』
不眠、眼症状(霧視・複視)、構音障害、焦燥感、神経過敏、振戦、健忘、尿失禁、γ-GTPの上昇、動悸、下痢、発疹、そう痒、筋弛緩等の筋緊張低下症状、発汗 

『頻度不明』
依存性、離脱症状、刺激興奮、錯乱、呼吸抑制、アナフィラキシー、肝機能障害、黄疸、血圧降下、光線過敏性反応、

参考
PMDA(H29.4.5現在)
添付文書(H29.4.5現在)

スポンサーリンク